蕎麦みわ

2009年08月17日

山に行ってきました。

久しぶりに本格的な登山に行ってきました。
南アルプスの秀峰、2967メートルの甲斐駒ケ岳です。
登山口の竹宇駒ケ岳神社より2300メートルあまりを
登る黒戸尾根です。
登山口からすぐに、7丈小屋からのお知らせの紙が
木にぶら下がっています。
「天候が悪く、ヘリによる荷揚げが出来ないため食事は出来ません」
余分な荷物は持つまいとして、車に夕食分を置いてきてしまいましたので
参ったなあと思いましたが、引き返すのも面倒なので、あるもので賄しか
ないと思ってそのまま登り続けると、向こうからものすごい勢いで降りてくる人がいます。
7丈小屋はどうですか?とたずねると、小屋番ですといってしまいました。しかし背中には
背負子が、もしかして飯にありつけるかもなどと期待して登りつづけます。

kaikoma001jpeg.jpg

懐かしい5合目小屋の有ったところに出ました。
今は亡き古屋さんと言う名物親爺さんに合掌して、ハシゴ、鎖が連続する急登を喘ぎながら登ります。
5時間半で小屋に到着、既に7~8人の登山者がいました。
結局、その日は夕食にありつけず、おにぎり3個で我慢しました。
御来光を観るために19時消灯、朝4時に起きて早速登りはじめます。

kaikoma002jpeg.jpg

頂上はガスの中、いくら待っても誰も来ません。仕方なく自分撮りです。
ブサイクですみません。

kaikoma003jpeg.jpg

一瞬空が晴れて早川尾根方面が見えました。
前回来たときは神と遭遇する荘厳な体験がありましたが、今回はお留守のようです。
暫くすると、鋸岳より登山者が来ました。小屋番の話しによると、鋸岳方面の鎖は一年
位で全て撤去され、完全なバリエーションルートになるとか。

下りはゆっくりと花の写真など撮りながら下りました。

kaikoma004jpeg.jpg

7丈小屋で朝ごはんを食べて下山開始。

kaikoma005jpeg.jpg

昼前には下界に到着。今回の山行でびっくりしたのは、トレイルランニングの人が増えたこと、
2日間でパーティー、単独を含めて15人以上の人と出会いました。マナーも良く爽やかな人たち
です。今後も増えるのかもしれません。

2009年08月17日

蕎麦の生育

今年の会津地方は梅雨が長引き雨続きです。
7月21日に種蒔きに行きましたが、おりからの
雨で断念。地元の人に種を預けて、好日に種
蒔きを依頼してきました。雨の合間を縫って種
を蒔いていただきました。その後も、天候には
恵まれず、かといって大雨被害もない状況で、
生育状況を心配していましたが、何とか順調
に生育しているようです。

発芽後.jpg

この写真はそばの会の湯田さんに送ってもらいました。

 
トップページ 店主より お品書き こだわり 地図