蕎麦みわ

2009年11月17日

哀しい山」

bukousann001jpeg.jpg

西武鉄道秩父線横瀬駅に降り立つと、異様な山が見えてくる。
奥武蔵、秩父の盟主武甲山である。その北面は石灰岩採掘
のため失われ、観るも無残な姿となっている。
武甲山の名はヤマトタケルが、この山に登って頂上付近の岩屋
に甲を奉納したところから来ているといわれている。
本来、里人にとって山の自然は人知を超えた物として、恐れられ
崇拝されてきた。そこから山岳信仰が生まれ、癒しを求める登山
も派生してきた。このズタズタにされた山には、神聖とか癒しとか
は求めようもないのであるまいか?
今日はこの哀しい山に登る事した。

bukousann 002jpeg.jpg


御嶽神社の鳥居が表参道の登山口である

bukousann003jpeg.jpg

武甲山は全山桧または杉の植林で覆われ、民有地であることを示している。

bukousan004jpeg.jpg

ここは頂上ではなく、1304メートルの最高地点です。人がいたので撮ってもらいました。


bukousan005jpeg.jpg

最高地点からから見る秩父市内です。直下は採掘現場で、重機やダンプがうごめいてみえます。

bukousan006jpeg.jpg

下りは裏参道の浦山口に向かいます。雰囲気がよい山道ですが発破からの避難所です。 


bukousann007jpeg.jpg

影森駅から見た武甲山、相当広範囲で採掘が行われているわかります。


bukousan007jpeg.jpg

山頂からそのまま秩父市内まで歩いて、有名な「こいけ」に行きました。

bukousan008jpeg.jpg

蕎麦は良く茹でてあり、香り、甘みもありもちもちした食感で、おかわりをしてしまいました。

2009年11月02日

今年の蕎麦の収穫です。

hatake001jpeg.jpg

4年間続けた蕎麦畑です。収穫も終わり、周りの山も錦秋の秋です。
来年から、この畑では高嶺ルビー(あか蕎麦)が栽培されます。
私たちの畑は別の所に移ります。

masutaki002jpeg.jpg


畑の下流の鱒滝の紅葉です。

masutaki001jpeg.jpg

こちらは鱒滝下流です。

kouyou001jpeg.jpg
kkouyou002jpeg.jpg

あいにくの雨で、気温も8度と寒いですが紅葉がきれいなので
思わずシャッターを切ってしまいます。


syuukaku001jpeg.jpg

こちらが今年の蕎麦の収穫です。
梅雨明けもないという悪天候のなかで比較的にはよいほうだと思われます。
中には一反で一表もとれないところもあったようです。
北海道をはじめ、今年は全国的に不作で、今後の収穫動向が心配です。


 
トップページ 店主より お品書き こだわり 地図